Business card

名刺作成メーカーとその選び方

自身の所属や性質などを紹介するために大いに役立つ名刺ですが、自分で手作りする人はほぼいません。おおよその場合は名刺作成業者を活用することになります。名刺作成業者は様々存在しており、多種多様な特徴があるので、自身の都合や作りたい名刺の種類に合わせて選ぶことがおすすめです。

名刺作成業者・メーカーの選び方について紹介します。

名刺とその作成メーカー

名刺はビジネスの現場においてなくてはならないものです。ビジネス以外でも活用する人は多く、趣味の集まりなどにおいて自身の好みを示すためなどに名刺を作成して活用する人もいます。様々な場面で活躍する名刺には、基本的に名前や所属団体名、電話番号やメールアドレスなどの連絡先を記載します。

これらに加えて名刺の目的に合わせて、様々な情報を加えていきます。おおよその人々は、長方形の名刺に基本的な情報を見やすく並べただけの名刺を想像し、図柄は会社のロゴマークだけというようなシンプルなものを作成しますが、より目立たせるためにデザインに工夫をする人々も増えています。

名刺作成メーカーによっては、名刺の形も長方形ではなく変わった形にできたり、色合いをカラフルにしたりするほか、立体的な名刺にするなど様々な要望に応えてくれる可能性が高いです。

名刺は、単なる所属を示すものではなく、あらゆるビジネスチャンスをつかむためのアイテムのひとつとする見方も増えているので、そのような名刺作成メーカーも人気が高まりつつあります。

名刺作成業者の種類

名刺作成業者・名刺作成メーカーには様々な種類があります。古くからある名刺作成業者としては、名刺やハンコを作成している街中の業者というものを想像する人が多いです。店舗を構え、直接足を運ぶ形で名刺作成を依頼することになります。

あるいは印刷業者が名刺作成も請け負っているということはよくあります。論文作成や個人誌の作成依頼をすることもできる印刷業者では名刺作成を行っていることが多く、デザインを持ち込むことで、名刺を刷ってくれます。

近年では、このほかWeb上で名刺作成を依頼することができる名刺メーカーも多いです。実店舗に足を運ぶ必要性が全くなく、メーカーのサイトにアクセスしてデザインから注文まですべてウェブ上で完了させることができます。

(名刺を作成するときに知っておきたい業者への注文のコツ)

名刺作成メーカーでの手順

webで作成できる名刺作成メーカーでの作成手順はおおよそ同じです。まずは、名刺作成メーカーのWebサイトにアクセスします。注文画面へと進むと、名刺に記入する名前や所属団体名、住所などの情報を打ち込む画面が表示されるので埋めます。

もちろん、すべての項目を埋めなければならないわけではありません。その後、名刺のデザインを決める段階へと入ります。名刺のデザインは職種や役職などによってある程度決まったものがあり、そのテンプレートをメーカー側で用意していることがほとんどです。

また、汎用性の高いデザインもいくつかメーカーで用意しているので、デザインにこだわりがなかったり、デザインの仕方がよくわからない場合には、それらを使用すると簡単に作成できます。デザインにこだわりがあり、文字の配置やイラストもすべて自分で決めたい場合はあらかじめイラストレーターなどの専用ソフトで作成するという方法もあります。

作成したデザインをwebサイトにアップロードすることが可能です。デザイン作成が終わったならば、注文枚数や作成後の発送先などを入力して注文が完了です。完成した名刺が送られてくるのを待ち、完成品に不備がなければ終了となります。

名刺作成メーカーの選び方1・価格

数ある名刺作成メーカーの中からどのメーカーを選ぶのかという問題があります。選び方のひとつの基準が、どれだけの価格・コストがかかるのかということです。名刺作成の価格というものは、どのようなデザインで印刷するかによって大きく異なります。

凝ったデザインにすればするほど、オプション価格でどんどん価格が高くなっていくことがあるので、注意が必要です。基本価格は安くとも、オプションをつけずに見栄えしない名刺となってしまっては意味がありません。最低限のデザインと価格設定を調べてからメーカーを決めることをおすすめします。

名刺をビジネスの現場でよく使う場合には、数多くの名刺を刷ることになります。そのため、繰り返し印刷して名刺を作る可能性が高い場合には、リピート割引があるようなメーカーに依頼することがおすすめです。

注文するほどに割引が適用されるため、コストの削減につながります。ビジネスであまり使うことがないほか、プライベートやごく限られた場面で使うだけという場合には、小口印刷が可能なメーカーに依頼することがおすすめです。

10枚程度からお試しで印刷することができるようなメーカーに依頼すれば、名刺が余るというとを防ぐこともできます。

名刺作成メーカーの選び方2・納期

名刺を必要とするまでに十分な時間がある場合にはあまり関係ありませんが、いつでも余裕があるわけではありません。急に名刺がきれて必要になるといった事態もないとは言えないので、納期を確認することは非常に重要です。

名刺作成メーカーの中には、注文をした即日には名刺を完成させることができるというメーカーもあれば、1週間から10日ほどはかかるというメーカーもあります。また、納期が短ければ短いほど、高品質のものは期待できません。

納期を犠牲にして高品質のものを目指すのか、納期を優先して最低限の名刺を用意することに力を入れるのかを見極めることが必要となります。

名刺作成メーカーの選び方3・紙質と加工

典型的な名刺であっては、周囲の人々の名刺の中に埋没してしまいます。名刺には第一印象で相手の印象に残させるという重要な役割もあるので、デザインや紙質、加工方法にこだわりを持って名刺を作成したいという要望を持つ人も多いです。

そのため、名刺作成メーカーは、そのような加工技術といったバリエーション豊かな名刺を作成することができるか否かで選ぶことも重要です。

人と異なる名刺を持ちたい、自分のデザインを活かしたい場合に大いに役立ちます。名刺作りのバリエーションとしては、主に紙質とデザインの再現度、オプション加工などがあげられます。通常の名刺とは異なるハイグレードな紙質のものを使用すれば、持った瞬間にいい印象を与えることも可能です。

箔押しや型押し、特色インク、角丸などのオプションと加工印刷技術によって自分らしいデザインを再現できれば、相手の印象を自分の理想に沿わせることができて、インパクトを与えることができます。どれだけ選択肢が多く、細かい要望に応えることができるのかということをメーカーを選ぶ基準にすることも大切です。

反対に、簡単にデザインを作りたい、デザインソフトでの編集が苦手という人も多いです。それらの人でもデザインを作りやすい仕組みが整っているかということも重要な基準になります。詳しい知識がなくても流れに沿って進めば自然と名刺が作成できるというメーカーを好む人は多いです。

加えて、同じ名刺を何度も作りたいという人もいるので、別のメーカーで作った名刺をデザインそのままで再現できるメーカーも人気があります。

名刺作成メーカーの選び方4・品質と品質保証

いくら価格が安く、様々な加工技術を持っていたとしても、最終的な仕上がりの品質が悪ければ意味がありません。しっかりとした品質を保っているメーカーに依頼することは重要です。品質が良いかどうかは印刷方法を確認することでわかります。

レーザープリンター系の印刷やオンデマンド印刷は、少数を早く安く印刷することはできますが、高品質はあまり望めません。本などの商用印刷で使用されるオフセット印刷ならば、高品質を狙うことができるでしょう。たとえ印刷技術にこだわりがあったとしても、理想通りの名刺が完成するわけではありません。

できるだけ理想に近づけるためには、品質保証としてメーカー側がどのような条件を提示しているのかを確認することも必要となります。色合わせと裁断ずれについての保証を確認するとよいでしょう。印刷工程や季節によって微妙に色味が変わることはあるので、色合わせについてメーカー側がどこまで対応してくれるのかを確認することをおすすめします。

また、裁断する際には微妙にずれてしまうということはよくあることです。おおよそは1ミリから3ミリ程度ですが、どの程度であれば保証してれるのかをあらかじめ確認しておくと、後のトラブルを防止することにつながります。

Scroll To Top